検索
  • 梶谷

~Cafe de Sophora~ 2020.11.23 KOKI & NANASE

最終更新: 2020年12月22日

PERSONALITY


本・映画・音楽、そしてコーヒーをこよなく愛するお二人。


お互いの趣味が近いことからお近づきになり、4年ほど前にお付き合いスタート。

初めて二人で行ったコンサートはNorah Jonesという

なんともシティボーイ&ガールなお二人。


それぞれが色んな『ヒト・コト・モノ』に触れ、感受性豊かに育ってきたお二人。当日集まったゲストや私物のウェルカムグッズからもお二人さが感じ取れた、晴れた秋空のパーティーでした。






『ソフォラリトルベイビー』という植物の名前をモチーフにした一日限定オープンのカフェ

『Cafe de Sophora』(カフェ・ド・ソフォラ)

と題して、二人の『日常の様な非日常』の空間をディレクション。


こころを込めて二人からゲストへのおもてなし。






CEREMONY


挙式は田舎育ちの新婦が落ち着く場所として、神社での神前挙式を選択。


高崎市にある『進雄神社』では、厳かな雰囲気というよりも『雄大に進む』という名の通りその場所にいる全ての人を包み込む様などこかアットホームで、懐かしさを感じさせる様な居心地の良い空間です。


WELCOME TIME



ご友人はパーティーからの参加。エントランススペースに設置したシーティングチャートとエスコートカードで『待ち時間』をパーティーのワクワク感アップの時間に。





受付を終えた方から、TAKE FREEな雰囲気で手に取って頂いた『ZINE』はお二人のカフェが発行している雑誌という設定で作成。

プロフィール紹介だけでなく、高崎の古着店『ジャンティーク』で撮影したウェディングフォトやオススメのカフェ、映画の紹介ページなどコンテンツ盛り沢山な内容に。



COCKTAIL PARTY


和装からドレス・タキシードに衣装チェンジしたゲストと合流。


当日は天候にも恵まれ、ガーデンで新郎作成のプレイリストの音と共に乾杯。

ピンチョスを食べながら過ごすフォトタイムで全てのゲストが笑顔に。






















MAIN PARTY


メインのパーティー会場にはお二人がウェルカムカクテルでゲストを出迎えるスタイル。

入り口で一人一人にしっかりと感謝を伝えて挨拶をしながらご案内。

入場シーンなどは設けずに、ゲストのテーブルにお二人が足を運んで一人ずつと改めて乾杯。




























直前に欠席となってしまったゲストに当日オンラインでご出席頂きました。


パーティーの後半、デザートタイムは

ブルーベリートッピングのシンプルなウェディングケーキに合わせて、

お二人チョイスのコーヒーをドリップ&サーブ

ガーデンでゆったりとした時間を過ごして頂きました。







会場内のコーディネートやウェルカムスペースの装飾にもとことんこだわりましたが、

まるでスタッフもお二人の親族になったかのような気にさせてくれる、温かく心優しいゲストから生まれる空気感。今回のパーティーはこのゲストの皆様だからこそ叶ったアットホームな1日でした。



Planner

KAJITANI


194回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

©the secret home all rights reserved.